車中泊におすすめポータブル電源!電気毛布と冷蔵庫が何泊使えるか検証

車中泊におすすめポータブル電源!電気毛布と冷蔵庫が何泊使えるか検証

車中泊やキャンプなど、屋外でスマホの充電だけでなく家電製品にも使えるポータブル電源(ポータブルバッテリー)

災害時の電気がストップした際にも活躍するアイテムとして、注目されていますよね。

今や沢山の種類のポータブル電源が出ていますが、車中泊におすすめはどの製品か。

どういった点に気をつけて選べば良いのか。

実際に車中泊旅に出て、家族4人で電気毛布・冷蔵庫・スマホなど必要な電化製品をどこまで使い切れるか試してきました。

今回は、「Phewman(ヒューマン)540Wh」を検証してきましたので、詳しくレビューします!

スポンサーリンク

Phewman(ヒューマン)ポータブル電源 540Wh/150,000mAh

Phewman(ヒューマン)ポータブル電源 540Wh/150,000mAh

PhewMan(ヒューマン)とは

2019年8月に国内のクラウドファンディングサイト「Makuake」で、目標金額の500%以上も達成した、注目のポータブル電源です。

2020年2月より販売を開始したので、知らない方も多いかもしれませんが、国内企業が販売するポータブル電源なので、サポート体制も安心

PhewMan500 ポータブル電源:仕様

バッテリー

  • バッテリー容量150,000mAh/540Wh
  • バッテリータイプ18650リチウムイオン
  • 出力波形純正弦波
  • 充電所要時間6.5-7.5時間(ACアダプター、家庭用コンセント)

入出力

PhewMan ポータブル電源 入出力

引用:PhewMan

  • AC出力×2口500W(最大出力 1000W)、100V 50/60Hz
  • USB出力×4口USB Type-C、USB(5V/2.4A)×2、USB(QC3.0)の3種類
  • DC出力(シガーソケット)×1口12V/4A
  • DC出力(径2.5mm)×2口12V/8A

サイズ・重量

PhewMan ポータブル電源 サイズ・重量

引用:PhewMan

  • サイズ横幅25.6cm×高さ16.6cm×奥行16.9cm
  • 重量5kg

静音性・安全性

  • 冷却ファン:2扇
  • PSEマーク以外にもCE(EUでの安全性)、FCC(欧米での安全性)を認証
  • バッテリー低電圧保護:9.0V±0.3V
  • バッテリー高電圧保護:13V±0.5V

※バッテリー保護について
バッテリー不具合が生じた時に制御を行う数値であり、制御を行わないと故障や発火・爆発に繋がる危険性が高い

サポート

  • 日本人スタッフによるカスタマーサポート
  • 製品保証:購入日より1年
  • 返品保証:購入後30日間

使用可能な電気機器の稼働時間・回数

PhewMan ポータブル電源 使用可能な電気機器の稼働時間・回数

引用:PhewMan

注意
上記の値は、例としてPhewManの販売会社(株式会社イデアル)にて測定した機器の数値を目安として表示。各メーカーや機種により、消費電力表示や実使用電力は異なります。

PhewMan ポータブル電源:付属品

PhewMan ポータブル電源:付属品

下記の6点が付いています。

同梱物

  1. ポータブル電源本体
  2. 取扱説明書(保証書付き)
  3. ソーラーパネル用充電ケーブル
  4. シガーソケット用充電ケーブル
  5. AC用電源コード
  6. 外付けACアダプタ(24V/3.75A)

スポンサーリンク

第一印象は軽量でディスプレイ表示もわかりやすい

PhewManのポータブル電源は、まずこの500Wクラスのポータブル電源(バッテリー)の中では、軽いです。

5kgなら女性の私でも手軽に持てる重さで、災害時にいざという時に持ち出せるので安心ですよね。

あと、LDCディスプレイの面積が大きく、充電残量や最大出力も夜の車内でもわかりやすい。

他のバッテリーにはなかなか無い、USB-TypeCも付いています。

またLEDライトも付いており、暗い車内でもこれだけの明るさ(1440ルーメン)があります。

PhewMan ポータブル電源:LEDライト

3段階の明るさがあり、LED24個使用

ざっと総合的に見て、使う側の利便性を考えた良い製品では無いでしょうか。


PhewMan ポータブル電源 静音設計 大容量 正弦波 家庭用蓄電池 (500W / 540Wh / 150,000mAh)

引用:Amazon


PhewMan ポータブル電源
(500W / 540Wh / 150,000mAh)

●PSEマーク認証済
●30日間返品受付
●1年保証書付き



Phewmanポータブル電源 実際のレビュー

2泊3日の車中泊旅に出かけ、電気毛布とポータブル冷蔵庫を併用してどのくらい使えるか、試してきました。

実際の機能や利便性について、レビューしたいと思います。

電気毛布とポータブル冷蔵庫の併用はどれくらい使えるか

Phewmanポータブル電源:電気毛布とポータブル冷蔵庫の併用はどれくらい使えるか

金曜日の21時半時点でのポータブル電源

金曜の夜に出発し、自宅から冷蔵庫をPhewmanのポータブル電源に繋げて稼働。

補足情報

  • この時点でポータブル電源の充電は100%
  • 冷蔵庫は自宅の電源で冷やしていたため、出発時点でのポータブル電源からの消費電力は0

Phewmanポータブル電源:電気毛布とポータブル冷蔵庫の併用はどれくらい使えるか

土曜日の20時半時点でのポータブル電源

土曜の夜に、ポータブル冷蔵庫に加えて、スマホとアクションカメラを充電。

補足情報

  • この時点でポータブル電源の充電残量は79%
  • 冷蔵庫はポータブル電源に繋げて23時間経過

Phewmanポータブル電源:電気毛布とポータブル冷蔵庫の併用はどれくらい使えるか

さらに電気毛布を追加

その後、車中泊に備えて電気毛布(消費電力75W)を使用しました。

Phewmanポータブル電源:電気毛布とポータブル冷蔵庫の併用はどれくらい使えるか

クイーンサイズの布団に敷ける大きめの電気毛布(188×130)を使用

補足情報

  • この時点でポータブル電源の充電残量は75%
  • 総電力は91W

Phewmanポータブル電源:電気毛布とポータブル冷蔵庫の併用はどれくらい使えるか

日曜日の朝8時にはすでにバッテリー切れ

そのまま寝てしまい、朝起きたらポータブル電源の容量はすでに使い切ってました。

夜の時点で「残り時間:4時間」と表示されていましたが、季節は秋だったので途中で電気毛布が切れても朝まで暖かく寝ることができました。

補足情報

  • 寝ている間に充電残量が無くなる
  • 冷蔵庫と電気毛布その他電気機器の併用だと、PhewMan500ポータブル電源が使えるのは1泊

電気毛布・ポータブル冷蔵庫単体ではそれぞれどのくらい使用可能か、次で検証してますので参照ください。

電気毛布のみではどのくらい使えるか

Phewmanポータブル電源:電気毛布のみではどのくらい使えるか

自宅で電気毛布単体で使ってみたところ、約7時間(温度は中の設定)でバッテリー残量が57%になっていました。

ということは、電気毛布単体では2泊使える計算です。

冬の車中泊では車内は冷えるので、電気毛布の消費電力はもっと高くなることが想定されます。

その場合はさらに車からの充電が必要になるかもしれません。

ただ、私たちは冬の車中泊では今までダウンの寝袋のみで、電気毛布を使ったことはなかったので、家族4人で2泊分使えれば十分だと思いました!

電気毛布「KOIZUMI KDK-7598T」のスペック

  • 電源:AC100V 50/60Hz
  • 消費電力:75W
  • 表面温度:設定「強」の場合、約53度

ポータブル冷蔵庫のみではどのくらい使えるか

Phewmanポータブル電源:ポータブル冷蔵庫のみではどのくらい使えるか

ポータブル冷蔵庫単体で使ってみたところ、24時間稼働させてバッテリー残量が約50%になっていました。

実測値からの計算だと、丸2日分使えることになります。

ポータブル冷蔵庫「F40C4TMP」のスペック

  • 電源:AC100V-240V 50/60Hz
  • 消費電力:60W
  • 設定温度範囲:-22℃~10℃

AC電源での充電は実際どのくらいかかるか

ポータブル電源の充電をすべて使い切った状態で、自宅で充電にどれくらい時間がかかるか検証しました。

フル充電までの所要時間

  • 9:10  充電
  • 10:57  充電50%
  • 16:00  充電100%


フル充電時の時間は正確ではなく、この時見たら100%表示でしたので、取扱説明書の通り6-7時間で満充電できることを確認。


PhewMan ポータブル電源 静音設計 大容量 正弦波 家庭用蓄電池 (500W / 540Wh / 150,000mAh)

引用:Amazon


PhewMan ポータブル電源
(500W / 540Wh / 150,000mAh)

●PSEマーク認証済
●30日間返品受付
●1年保証書付き



500Wの他のポータブル電源との比較

同じ容量クラスの他のメーカーのポータブル電源と比較した場合、スペックはそれぞれどうなのか比較してみました。

比較したのは、ポータブル電源の中でも人気の「suaoki ポータブル電源G500」「Jackery ポータブル電源700」です。

suaoki ポータブル電源G500

「suaoki ポータブル電源G500」引用:Amazon

Jackery ポータブル電源700

「Jackery ポータブル電源700」引用:Amazon

Phewman 500 suaoki G500 Jackery 700
容量 150,000
mAh
/540Wh
137,700m
Ah
/500Wh
192,000
mAh
/700Wh
定格出力 500W 300W 500W
変換効率 85% 70% 記載なし
AC100Vコンセント 2口 (純正弦波) 2口 (純正弦波) 2口 (純正弦波)
シガーソケット出力 1口 1口 1口
USB出力ポート USB-A:3口/USB-C:1口 USB-A:3口/USB-C:1口 USB-A:3口
DC出力ポート 2口 2口 2口
使用可能日数 2日の容量 1日~2日の容量 2日~3日の容量
充電方式 AC、シガ-ソケット、ソーラーパネル AC、シガ-ソケット、ソーラーパネル AC、シガ-ソケット、ソーラーパネル
重量 5kg 6.8kg 6.3kg
ディスプレイ表示 使用端子、消費電力、電力量残量、使用時間 消費電力、電力量残量、DC/ACのON/OFF 消費電力、電力量残量
放電温度 記載なし -10~40℃ -10~40℃
冷却ファン 2扇 記載なし 記載なし
バッテリー保護 低電圧:
9.0V±0.5V
高電圧:
13V±0.5V
数値の記載なし 数値の記載なし
製品保証期間 1年 1年 2年
価格 59,800円 59,880円 79,800円
スポンサーリンク

PhewMan500 ポータブル電源  まとめ

PhewMan500 ポータブル電源  まとめ

PhewMan(ヒューマン)ポータブル電源540Whの仕様、実際の車中泊でのレビュー、他の同等クラスのメーカー製品との比較をしてみて、最後に良い点と課題点をまとめたいと思います。

PhewMan500ポータブル電源の良い点

  • 女性でも楽に持てる軽さ
    比較表にもあるように500Wの容量の中では一番軽量
  • ディスプレイ表示のわかりやすさ
    消費電力・電力残容量・使用時間などの表示が暗い車内でも大きくわかりやすい
  • USB-C端子がある
    USB-C出力のあるポータブル電源は少なく、複数のスマホを充電する時に便利
  • 音が静か
    車中泊で電気毛布・冷蔵庫・スマホ・アクションカムの充電をしていても気にならない。時々冷却ファンが回るがそれも寝ている時であれば全く気にいならない大きさ。
  • 電気毛布2晩使える
    冬の車中泊の車内の気温に応じた電気毛布の設定ではありませんが、秋の冷え込む夜くらいの気温(最低10度)だったら、2晩使えそうです。
  • 高出力対応で値段も手頃
    定格出力が500Whで59,800円でしたら、高機能な割に手頃な価格だと思いました。
  • 国内のメーカーサポート
    何か問題があった時に、日本の会社がテクニカルサポートしてくれるのはやっぱり安心です。

PhewMan500ポータブル電源の課題

PhewMan500ポータブル電源の課題
  • AC充電時にACアダプタが熱を持ちやすい
  • AC用電源コードとACアダプタを接続する差込口が、抜けやすい
  • 付属ケーブル類がごちゃごちゃになりそうなので、Jackeryのように収納ケースがあれば有り難い
  • 全体的にカラーが黒でシンプルなので、他のメーカーのように今後カラー展開もあると女性受けも良いかも
  • 車中泊2泊3日で確実に使える、もう少し上のモデルがあると選択肢が広がります

まとめ

容量・軽さ・出力ポートの豊富さをとっても、使う側の利便性をよく考えられた製品だと思いました!

車中泊だけでなく災害時を考えた時に、いくら大容量のバッテリーでも重ければ即座に持ち出すことも不可能です。

そう言った点で大容量で軽量化が実現されているのはポイントが高いのと、LEDランプがついているときは停電時に非常に助かると思いました。

かあちゃん
どちらかというと電気に疎い私にも分かりやすく、女性でも問題なく持ち運びできます。
トータルで見て、欠点の少ないおすすめ商品だと思います


PhewMan ポータブル電源 静音設計 大容量 正弦波 家庭用蓄電池 (500W / 540Wh / 150,000mAh)

引用:Amazon


PhewMan ポータブル電源
(500W / 540Wh / 150,000mAh)

●PSEマーク認証済
●30日間返品受付
●1年保証書付き



スポンサーリンク



ABOUTこの記事をかいた人

「とうちゃんはテンネンパーマ」のかあちゃんの方です。車中泊旅では万年助手席、地図のナビや飲食店・お風呂の検索&情報収集、写真撮影担当。本業は広告&Webのディレクターやってます。 Youtubeチャンネル「とうちゃんはテンネンパーマ」で子連れ車中泊旅の動画を配信しています。車中泊の便利グッズや車内DIYなどの動画もアップしています。ぜひチャンネル登録お願いします! https://www.youtube.com/user/masatoikebe