【二拠点生活】田舎の小学校へ転入!やはり違う環境を与えて良かった!

【二拠点生活】田舎の小学校へ転入!やはり違う環境を与えて良かった!

新潟県湯沢町での二拠点生活(デュアルライフ)
を始めてから12日が経ちました。

ようやくこちらの環境にも慣れてきて、
子供達の小学校生活もスタートしました✨

まだ小学校は始まって3日目ですが、
二拠点生活をして良かったな、
子供達に今までと異なる環境を与えてあげて
良かったと実感中です😍

ぜひ可能であれば、色んな人に子連れでの
二拠点生活をお勧めしたい….‼

具体的にそのあたりの情報をまとめます🤗

スポンサーリンク

【二拠点生活】小学校の始業式と授業を見学して分かったこと

【二拠点生活】小学校の始業式と授業を見学して分かったこと

小学校の始業式と最初の授業を見学してOK、
との事だったので、早速参加してきました😆

子供達が親切、礼儀も素晴らしい!

学校の玄関に入ると、男の子が二人いて、
私と息子を見るなり挨拶してくれました✨

そして、下駄箱の場所・傘を入れる場所を
教えてくれたのです。

背の大きい子だったので、上級生かなーと思ったのですが、
同じクラスの子供達でした。

旦那が上の子に付き添い、私が下の子に付き添って
教室に入ったのですが、もう息子がわかりやすいくらい
ド緊張していて…..😅

無事自己紹介を終えた後に、クラスの子たちからの
質問タイムがあったのですが、その時にびっくりする
ことが。

手を挙げた子が差されると、その子が後ろに行き、
みんなが瞬時にパッとその子に向きを変えて、
話を聞く姿勢を取るのです。

質問者:「話してもいいですか?」
クラスの全員:「いいです」

と言ってから質問が始まります。

これから質問する人の話をしっかり聞く、
質問する人も姿勢を正して質問するという光景は
今までの学校では見たことなかったので、
まずビックリしました😮

ダラダラとしたり、違う方向を向いてたり、
誰かとお喋りしたりと言った子は全く無し。

逆に落ち着きのない我が子がすご〜く目立って
しまうんでないかと心配になりました😂

3学期から転入する子はなんと8人も..!

始業式では新しく3学期から転入してきた生徒を
紹介したのですが、うちの子達を含めて、
なんと8人もいました‼

下の子のクラスでは今まで転入生は居なかった
そうなので、稀に見る人数なのかも。

全校生徒が興味津々に見守る中、これまた引き続き
ド緊張の我が子たちは自己紹介をしました。

中には、昨年に引き続き3学期だけ転入して来た子もいたみたい。

理由は聞いてませんが、うちと同じスキーやスノーボード
に打ち込める環境を与えるためなのかな。

さすが湯沢、なんか親近感が湧いちゃいました😊

スポンサーリンク

【二拠点生活】毎週スキー授業、クロカンの授業も

【二拠点生活】毎週スキー授業、クロカンの授業も

週一回は湯沢中里スキー場でスキー授業

週一回は湯沢中里スキー場でスキー授業

実は密かに楽しみにしていたのが、この学校でのスキー授業🌟

週一回、毎週湯沢の中里スキー場へ行き、
3時間スキー授業を行うそうです。

写真のように、スキー授業の前日の夕方か当日の朝までに
ブルーシートの所定の位置に、子供のスキー道具を
親が運ぶというのがルール。

私は新潟の長岡市出身でやはり小学生の時にスキー授業
があったのですが、学校の廊下にスキーを立て掛ける
場所があり、週に2回ほど近くのスキー場までスキーを
担いで歩いていき、終わったら学校で給食を食べ、
午後は普通にクラスで授業を受けていたのを鮮明に覚えています😆

きっと子供達にとっても忘れられない思い出になるだろうなぁ。。。

姉(小学校3年生)はシーズン最後に記録会というものがあり、
スキーのタイムを測るそう。

4年生から始まるクロスカントリーの授業もお試しで
やるそうです✨

学校にもクロカンのブーツ置場がありました。

こんな光景滅多に見れない….

小学校クロスカントリー授業

2月には湯沢町の招待で苗場のスキーワールドカップを見学!

2月には湯沢町の招待で苗場のワールドカップを見学!

今年は4年ぶりに苗場スキー場でアルペンスキー
ワールドカップが開催されるんです‼

2月22日〜23日の2日間、男子大回転と回転競技の2種目が
行われるのですが、なななななんと…..😆

湯沢町の招待で、小中学校の生徒全員がワールドカップを
授業の一環として見に行くとの事😍

22日は土曜日なので、その分25日が振替休日になるそうです。

なんと素晴らしい経験〜‼

アルペンスキーワールドカップ 2020 にいがた湯沢苗場大会

出典:アルペンスキーワールドカップ 2020 にいがた湯沢苗場大会

世界のトップレーサーたちの滑りを間近で観る機会は
そうそう無いので、子供達もすごい刺激をもらって来るはず!

W杯が開催される年に短期移住できて、ホントーに良かった❤

スキー授業の保護者ボランティアもあり!

スキー授業の保護者ボランティアもあり!

一人一人の生徒の指導が行きわたるよう、
学校で「スキーボランティアを募集していました‼

始業式前日の先生との顔合わせでこの話を聞いて、
とうちゃんは即答(笑

とうちゃん
スキーボランティア、喜んで参加します!!

大好きなスキーを子供達に教える立場、
そして子供達をいじるのが得意中の得意ということで、
まさにとうちゃんへ打ってつけのお手伝い😜

ボランティアやれば、色んな子供達と
一気にコミュニケーション取れますからね🤣

来週から始まるスキー授業、また追ってブログで報告致します🤗

スポンサーリンク

【二拠点生活】小学校転入3日で分かった大事なこと

【二拠点生活】小学校転入3日で分かった大事なこと

都心とは全く異なる環境で、子供に与える影響は大きい

今まで住んでいた千葉県とは全く異なる環境。

例えば、

  • 生徒数が少ない
  • 雪道の中、登校班で歩いて登下校する
  • 同じ建物内に友達が住んでいる
  • 学童に通わない
  • スキー授業がある
  • 放課後にナイター滑りに行くのは日常

などなど。

学校に通ってみるまでは、「友達できるかな」とか
「どんな先生なんだろう」とか不安で渦巻いていたのが、
通い始めた初日からわかりやすいくらいに
子供達の顔がイキイキしてるんです….‼

目にするもの、耳にする言葉、聞こえて来る音など、
日常の中で無意識に入って来る情報を変えることで
人は大きく変わると言われていて、
一番手取り早い手段だが環境を変えることだそうです。

千葉で育った子供達から見れば、湯沢はもう外国くらい
の新鮮な景色と環境。

そんな中で刺激を受けないわけが無いのです。

そして、新しい環境で一つ一つ不安をクリアしていくことが
彼らの自信に繋がっているように見えました😉

その証拠に、親の心配をよそに学校初日から同じマンション
に住む子達と友達になり、部屋へランドセルを置くなり、
ロビーで待ち合わせをして宿題をし、終わったあとは
かくれんぼをして遊び、夕飯ギリギリまで帰って来ません。

親よりもよっぽど早く地域に馴染んでいる。

子供の順応性って本当にスゴイです✨

ぜひ従来の価値観に捉われず、色々な環境や生活・考え方
があるということを身を以て学んでもらえればなーと
思います😊

スポンサーリンク

家族で二拠点生活(デュアルライフ)を始める理由1〜冬の間だけ新潟県湯沢町で家族で暮らす

2019.07.24



ABOUTこの記事をかいた人

「とうちゃんはテンネンパーマ」のかあちゃんの方です。車中泊旅では万年助手席、地図のナビや飲食店・お風呂の検索&情報収集、写真撮影担当。本業は広告&Webのディレクターやってます。 Youtubeチャンネル「とうちゃんはテンネンパーマ」で子連れ車中泊旅の動画を配信しています。車中泊の便利グッズや車内DIYなどの動画もアップしています。ぜひチャンネル登録お願いします! https://www.youtube.com/user/masatoikebe