夏に車中泊する際の暑さ対策〜車中泊ノウハウ

車中泊旅をしているとよく聞かれるのが、

スポンサーリンク

真夏の暑い時や冬の寒い時はどうしているの!?

と言うこと。
車中泊をする際は寝ている間はエンジンを切るのがマナーなので、この辺り気になる方が多いみたいですね!
なので、今回はこれから真夏を迎えるのに際し、暑さ対策はどうしているのかお話したいと思います。

本当は車中泊にオススメの時期は春や秋です。
気候もちょうどよく、服装のコントロール(朝方や夜の寒さ対策、上着やブランケットがあれば大体大丈夫👍)で調整が可能です。
なので、今年のGWは長期休暇と車中泊ブームが重なり、各地の道の駅やSAで沢山の車中泊カーを見掛けました。
でも夏休みやお盆時期に車中泊も楽しみたいですよね….❣
いくつかの暑さ対策を紹介しますね。

泊まる場所を高度のある山方面にする

夏に海や山でキャンプしたことのある方はご存知だと思いますが、山でキャンプした方が夜は圧倒的に快適ですよね。
山の上は平地に比べると気温が低く、「100m登ると0.6℃気温が下がる」といわれています。
これで計算していくと、標高0mの例えば海で30℃の気温の場合、標高1567mの丹沢(神奈川県)では温度変化が-9℃で、気温が21℃と言うことになります。
30℃での車中泊はキツイけど、21℃だったら快適に過ごせそうですよね。
なので、旅先の泊まるポイントの高度を上げる。事前に標高の高い車中泊ポイントを調べてから泊まるのが最もベストな対策を言えます。

でも海の近くで車中泊をしたいという方もいるでしょう。
我が家は夏はサーフィンのために車中泊をしているので、ほぼ泊まる場所はビーチ🏝の目の前です😅
そんな方のために他の対策方法もご紹介します🤗

窓やハッチバックを開けて寝る

およそ風速1m/sで、体感気温が-1℃になるとのこと。なので、風通しが良くなればある程度快適に過ごせます。
車の両サイドの窓とハッチバックを開ければ、かなり風通しが良くなります。
ただし開けっ放しだと、虫が入ってくるのと防犯上あまり良くないですよね。
そこで、オススメしたいのがウィンドーネット。つまり車用の網戸ですね。

photo by Aizu(https://www.aizu-rv.co.jp/aizufr/wbdetail/193)

我が家はハッチバックにこんなウィンドーネットを付けてます。夏はこんな感じで後ろを開けて車中泊しています。
GWの九州〜四国車中泊旅では最初の数日間は開けることはありませんでしたが、本州最南端の鹿児島県佐多岬で泊まった時は流石に蒸し暑くて、開けて寝ました。

ハッチバック ウィンドーネット

下記のメーカーは窓の大きさに応じて車種別設計されており、RV車を中心に170車種以上に対応。
窓の部位も選んで購入できるので、欲しい箇所のウィンドーネットを取り付けれられます。
そして車種別設計なのでメーカー純正品並みに窓の大きさにフィットします!


ハイエース200系1~3型 ワイドロング5ドア(両側スライドドア)[H16.08~H25.12] ウィンドーバグネット セカンド2枚セット

ハイエース200系1~3型 ワイドロング5ドア(両側スライドドア)
ウィンドーバグネット セカンド2枚セット

●車種別に専用設計で窓にぴったりフィット
●脱着はネジや工具のいらないはめ込み方式で簡単に装着可能
●車内装着のため土埃や雨で汚れることはほとんどなし
●洗車機を使う際にも取り外す手間がなし




ハイエース200系1~3型 ワイドロング ウィンドーバグネット フロント2枚セット

ハイエース200系1~3型 ワイドロング5ドア
ウィンドーバグネット フロント2枚セット



窓にシェードを装着して寝る

夜は涼しくても朝方日が昇ってくると一気に車内が暑くなってきます。
そんな時のために、マルチシェードを装着するのがオススメです!
車は窓ガラスが多く、外気温度の影響を大きく受けてしまうため、高い断熱性を持つマルチシェードを装着することで夏の強い日差しを反射して車内の温度上昇を抑え、紫外線からも守ります。
冬は車外の冷気を遮断して車内の温度を保ち、結露を抑える効果もあります!

フロントガラスにシェードを付けている方は多いですが、実際に真夏も真冬も車中泊している我が家がハッキリと言えるのは、お金をかけても断熱性の高いシェードを選んだ方が良いです😤
オススメは下記のメーカーのシェードです。メーカーによると真夏の炎天下では最大10℃以上、車内温度を緩和させることができるそうです!
これは自信を持ってオススメします❤


ハイエース 200系 IV型・V型 ワイド ロング [H26.01~] マルチシェード・シルバー フロント3枚セット

引用:Rakuten



ハイエース 200系 IV型・V型 ワイド ロング
マルチシェード・シルバーフロント3枚セット

●車種別に専用設計で窓にぴったりフィット
●車外側は断熱性をもつ補強材入りアルミ蒸着シート使用
●社内側は断熱性能を高める、たっぷり厚みのある中綿を挟んでいる
●記事は「自動車難燃証明」取得済みの素材を使用



下記のリア5枚セットを購入すれば、ハイエースの窓全てのマルチシェードが揃います。
一年中使えるので、我が家の車中泊はもうこれ無しでは考えられません。


ハイエース 200系 IV型・V型 ワイド ロング5ドア(セカンド固定窓) [H26.01~] マルチシェード・シルバー リア5枚セット

引用:Rakuten



ハイエース 200系 IV型・V型 ワイド ロング5ドア(セカンド固定窓)
マルチシェード・シルバー リア5枚セット

●車種別に専用設計で窓にぴったりフィット
●車外側は断熱性をもつ補強材入りアルミ蒸着シート使用
●社内側は断熱性能を高める、たっぷり厚みのある中綿を挟んでいる
●記事は「自動車難燃証明」取得済みの素材を使用



こちらのメーカーでは、ハイエースの他にステップワゴンやデリカなど、310車種に合わせたマルチシェードが販売されています。

我が家もここのメーカーのシェードを使っています。
ちょっとわかりづらいですが、写真では一番後ろのウィンドーの両サイドに装着しています。
夏はハッチバックを開けてスライドドアの両サイドどちらかの窓を開け(両方ウィンドーネットを貼ってます)、フロント・前の両サイドドア・一番後ろの両サイドドアにシェードをしています。

ハイエース マルチシェード Aizu

吸盤で窓に貼り付けるタイプなので、装着も取り外しも簡単。
何より車種別設計で窓にぴったり貼れるので、断熱効果が高いです。(ちょっとでも隙間があると冬はそこから冷気が入ってきてしまいます)
防犯やプライバシーの面でもシェードは必須ですね😆

USB扇風機を併用する

上記の対策をしても、真夏では暑いことはあります。
私たちが高知県のビーチで夏休みに車中泊した時、昼間は35℃近くの気温で夜も熱帯夜が続いており、過去最高に一番暑かったです。
その時にこのUSB扇風機を使いました。ただし2台併用することをオススメします。


卓上扇風機

引用:Rakuten


卓上扇風機 クリップ型
●卓上クリップ一体型の2WAY仕様
●左右首振り機能搭載
●バッテリー&USBケーブルの2つの給電方法
●最小モードで最大48時間連続使用可能



USB扇風機が2台あればクーラーは必要ありません。

  • クリックタイプなのでどこにでも装着可能
  • 付属のバッテリーで丸2日間使用可能
  • モバイルバッテリーと組み合わされば無敵

小さいファンですが風量は十分あるので、寝冷えしたり喉を痛めないように注意してくださいね🤗

如何でしたでしょうか。他にも真夏の車中泊で木になることがあったら、コメントお気軽にください〜🎶
次回は真冬の車中泊対策について紹介しますね!



ABOUTこの記事をかいた人

「とうちゃんはテンネンパーマ」のかあちゃんの方です。車中泊旅では万年助手席、地図のナビや飲食店・お風呂の検索&情報収集、写真撮影担当。本業は広告&Webのディレクターやってます。 Youtubeチャンネル「とうちゃんはテンネンパーマ」で子連れ車中泊旅の動画を配信しています。車中泊の便利グッズや車内DIYなどの動画もアップしています。ぜひチャンネル登録お願いします! https://www.youtube.com/user/masatoikebe