【子連れ海水浴に必要な持ち物】年30回海に行くママが厳選!

子連れで海水浴に必要な持ち物・あると便利な道具

夏になるとやっぱり海水浴に行きたくなりますよね。

しかも子連れで海水浴に行くとなると、色々ハードルは多いと思います💦

「子供は何歳から海に連れて行って平気?」
「海水浴で快適に過ごすために必要な持ち物は何?」
「海に行ったら暑さや日焼け対策はどうしたら良いの?」

実際に私たちは子供が赤ちゃんの時から海に連れて行き、
北は北海道から南は宮崎のビーチまで季節問わず(4月〜11月)年中海に行っています。

そうした実体験に基づき、子連れで海水浴に行く際に必要な持ち物、あると便利な道具をご紹介します😆✨

スポンサーリンク

子連れで海水浴に行く時に必要な持ち物

年に30回は子連れで海水浴に行っている実体験に基づき、海に行く際に本当に必要なもののみを厳選してご紹介します👍

【海水浴に必要な持ち物1】水着&ラッシュガード

子供の水着&ラッシュガード

水着は何でも良いです!

ラッシュガードですが、長袖or半袖のものがあると日焼け対策に良いですね。

今は機能が向上していて、UV対策効果の高いラッシュガードもあります。

保温効果をうたっているサイトもありますが、ラッシュガードは海の中では
裸で入るのもラッシュガードを着て入るのもそんなに変わりません。

むしろ海から上がった後に、濡れたラッシュガードが体にペットリくっついて、
風が吹くと肌寒く感じることがあります。

そういう時はラッシュガードを脱がせて、しばらく海に入らなければ
乾いている普通のTシャツを着せた方が良いです。

海から上がった後に濡れたラッシュガードを着たまま砂浜で遊んでいて、
唇が青くなっているお子さんをたまに見かけます💦

本当に海の中でも保温効果を求めるなら、ウェットスーツを着るのが一番です🤗

【海水浴に必要な持ち物2】ビーチサンダルorマリンシューズ

マリンシューズ

ビーチで砂からの火傷を守るためでしたら、ビーチサンダルで十分です。
(ただし、小さい子は脱げないようにカカトにもストラップの付いたものが良いです)

もしビーチが岩場だったりする場合、裸足だと怪我をする恐れがあるので、
上記のようなマリンシューズがあると便利です👍

ただ、子供はすぐに足が大きくなってしまうため、足のジャストサイズで購入する
マリンシューズは、買った翌年にもう履けなくなっていた…なんてこともあるあるです😭
(我が家が正にそう)

マリンシューズは結構高いですし、我が家は買ってもそんなに使う頻度も無かったので、
岩場に行ったり(シュノーケルとか)川遊びをしなければ無くても大丈夫だと思います。

もし砂がそんなに熱くなっておらず、怪我をするようなゴミが散乱していない場合、
ぜひ子供を素足で歩かせることをオススメします😊

砂浜でハイハイの勧め

素足で砂の上を歩いたり走ったりすると、足の裏で砂の感触や温度、感覚などを掴みます。

いろんな感触が脳を刺激して良いんだそうです。

うちは砂の上でハイハイから始めて、よちよち歩きも随分砂の上でしましたが、
そのせいか足腰も強く、歩き出すのもかなり早かったですよ〜🤗

【海水浴に必要な持ち物3】日焼け止め&日焼け後の保湿ジェル

出典:https://item.rakuten.co.jp/canpanera/t02065/

日焼け止めはマストですね‼

これを忘れると大変なことになります。

子供は海に着くとすぐ着替えて遊びに行こうとするので、必ず日焼け止めを塗るのを忘れずに☝

あと、意外と忘れがちなのが、海から上がった後の塗り直し。

面倒臭いですが、これを忘れると日焼け止め塗ったはずなのに、
真っ赤になってしまった(これ我が家😱)なんてこともあります…

そんな時のために、日焼け止めの保湿ジェルも用意して行きましょう。

皮膚科で処方してくれるヒルドイドがもっとも効果的ですが、
もし無ければアロエジェル等でも良いです。

【海水浴に必要な持ち物4】タオル

海から上がったあとに拭くタオルですが、ラップタイプのタオルがオススメ✨

着替えにも便利ですし、シャワー浴びた後に風邪で体が冷えてしまわないように、
ラップタオルをさっと被ると良いです。

お母さんが着替える時にラップタオルも便利なのですが、意外とタオルで包まれた中が
窮屈で着替えにくかったりします。

そんな時は下記のようなポンチョタオルがあると便利です‼(キッズ用もあります)

出典:https://item.rakuten.co.jp/maniac/sf-toolspontyo-akky3/

ポンチョタオルは意外と洗濯後が乾きにくいので、マイクロファイバーなどの
速乾性のある生地のものが良いです✨

【海水浴に必要な持ち物5】ライフジャケットor浮き輪

子連れ海水浴 ライフジャケット

海水浴ができる年齢になったら、海で遊ぶのに必要ですね。

浮き輪が一般的ですが、もし海で潮の流れがあったりする場合、
浮き輪ってあっという間に流されてしまいます💦

ちょっと目を話した隙に、子供が遠くにいたなんてことも…

あと、風の強い日に浮き輪だけ沖に流されていく風景を見たことはありませんか⁉

なので、一番安心なのはライフジャケットです。

体にぴったりフィットし、そのままでも水の上に浮くし、
もし流れがあったとしても手を足であるていと泳いれ進む方向をコントロール
できるので、私はライフジャケットの方が安心だと思います🤗

【海水浴に必要な持ち物6】ポップアップテントorタープ

ポップアップテントorタープ

海の家を利用しない場合は、砂浜に休憩用の日陰を作る必要があります。

ポップアップテントだと、手軽に砂浜に設置できますね。

でも意外と風が抜けず、砂浜の上に直に敷くと暑さを直に感じてしまいます。

なので、一番オススメは写真左のようなタープです😆

タープにテーブルと椅子があれば、どこでも快適に過ごせてしまいます😉

ちょっと荷物が嵩張ってしまいますが、車で海に行く・これからキャンプを
始めようと思っている方は買っておいて損は無いと思います。
(我が家は、海・キャンプ・自宅庭でのプールやバーベキューと、
数え切れないくらい大活躍しています)

そして海にポップアップテントやタープを立てる場合は、風に飛ばされないように
ロープやペグでしっかり固定してくださいね。

海に入っている間に、テントやタープが飛ばされたなんてことにならないように..

スポンサーリンク

【海水浴に必要な持ち物7】砂遊びセット

砂遊びセット

これを忘れると、ものすごく子供に怒られます〜😅

最初は波が怖かったりして、行ってみたけど海に入れなかった…
というお子さんもいると思います。

そんな時は、砂遊びや岩場を探検したりして、海でも十分楽しむことができます。

砂遊びセットがあれば、山を作ってトンネルを掘って水を流してみたり、
穴を掘って小さいプールを作って自分で入っってみたり…

あと、岩場に行くとカニを見つけることも多いですが、砂遊びセットのバケツが
あれば、カニを捕まえてそこに入れたりもできますね。
(後で海に戻してあげましょう)

バケツを持って、子供と一緒に貝殻やシーグラスを集めてもいいですね❤

【海水浴に必要な持ち物8】保冷剤&タオル

出典:https://item.rakuten.co.jp/yamakishi/31607322/

海にまだ入ることのできない赤ちゃんがいる場合、日陰で過ごすのはもちろんですが、
その他にも保冷剤をタオルに包んで、首に巻いたりしてあげると良いですよ😆

赤ちゃんを椅子に座らせている場合、背中と椅子の間に保冷剤を挟んであげても良いです。

【海水浴に必要な持ち物9】授乳ケープ・水遊びオムツ(赤ちゃんがいる場合)

海の家で授乳室があるところって、今までみたことが無いです。

立派な設備の海の家ならありそうですが…

なのでどこでも授乳できる授乳ケープは必須ですね。

後、水遊び用のオムツも忘れないようにしましょう。

【海水浴に必要な持ち物10】スイムキャップor帽子

スイムキャップ&帽子

海に入っている時って、上から太陽が照りつけるので、頭皮が結構日焼けしちゃうんです😱

スイムキャップでもいいですし、今は防水のアウトドア用の帽子(外れないようにあご紐が付いているタイプ)
があれば顔の日焼けも防げます。

何より熱中症にもなりにくいのでオススメです。

サングラスが必要と書いてあるサイトもありますが、サングラスの形に日焼けしてしまう
のって嫌じゃ無いですか….⁉

それと子供って違和感のあるものをすぐに取りたがるので、大人しくサングラスをして
遊ぶ子供って少ないと思うんです😅

私が海へ行って、サングラスをして遊んでいる子供はほぼ見かけたことがありません。
なので、これは必要無いと思います。

【海水浴に必要な持ち物11】車用キーケース

車で海に行く場合、海水浴の時に車のキーをどうするか悩みますよね。

車にキーを隠すボックスなども売られていますが、まず車上荒らしにやられます。

車上荒らしからみたら、鍵はここにありますよ〜と言っているようなものです😅

ですので、持ち歩きのできる車用キーケースがあると良いでしょう。

下記のようなプラスチック用のケースでもいいのですが、

出典:https://www.amazon.co.jp/stores/node/2652955051

オススメは下記のようなウェットスーツの素材でできた、薄型のキーケースです☝

出典:https://item.rakuten.co.jp/maniac/sf-etc-snd-keycase/

マジックテープでしっかり止めるので、蓋が取れて中身が無くなる心配もありません。

【海水浴に必要な持ち物12】水筒

海に行ったら、こまめに水分補強が必要になります。

クーラーボックスに飲み物を入れていっても良いですが、嵩張る荷物を持っていけない
という場合は、やはり水筒が最強です😉

ここに氷と飲み物をたっぷり入れて、子供一人につき一つはあるといいですね。

おそらく途中で中身が無くなると思うので、自販機で飲み物を買って補充すると良いでしょう✨

スポンサーリンク

子連れで海水浴に行くときにあると便利な道具

車で海に行かれる方は、さらにこちらの道具があると楽しく・
快適に海で過ごせます😍

【海水浴に便利な持ち物1】水中メガネorシュノーケリングセット

シュノーケリングセット

行った先の海に小さい魚がいた‼
なんて時に子供たちに見せてあげたらきっと喜びますよね🎵

水に顔をつけるのが怖いお子さんでも、水中の世界を気軽に楽しむことができます。

【海水浴に便利な持ち物2】ポリタンク

ポリタンク&シャワー

出典:https://item.rakuten.co.jp/oceandept/6001014/

海の家にシャワーが完備されていたり、シャワー付のビーチ(サーフスポット
などにはあったりします)であれば必要ないですが、そうでない場合は
ポリタンクに水を入れて持っていくと便利です。

少し肌寒そうだな、という日はお湯を入れていくと水を浴びる頃には
ちょうど良い温度になっています👍

ポリタンク一つで家族4人が海から上がった時に、潮や砂を流すのに
十分な水の量があります。

上記のような電動シャワーがあれば、車のシガーソケットに繋いで
電源スイッチを押して通常のシャワーのように使えるので、とっても便利です😆

災害時、断水や停電の時にポリタンクとシャワーがあれば、
お風呂がわりにもなりますので持っていて損はありません。

ただ、電動シャワーまで要らないよーって方は、実は湯桶が便利なんです‼

ポリタンクに水が沢山入っていると、なかなか持ち上げるのが重く
頭から一気に水を浴びるのが難しかったりします😅

そんな時は湯桶に水を移して、体を流すだけでOK✨

もっと手軽にしたければ2リットルのペットボトルに水を入れて行って、
それをそのまま浴びるのも良いですね。

【海水浴に便利な持ち物3】クーラーボックス

クーラーボックス

出典:https://item.rakuten.co.jp/alpen/7632102309/

飲み物を冷やしたり、ランチを持って行ったりするのに、クーラーボックスが
あれば安心ですね😀

ボックスだと嵩張るようでしたら、クーラーバックでも良いです。
(ただし、クーラーボックスの方がやはり保冷効果が高いです。
海だと特に暑くなりやすいので、クーラーボックスの方がオススメです)

飲み物も家で凍らせたものを持っていくと、保冷剤がわりにもなります。

おにぎりやサンドイッチ以外にも、凍らせたゼリーなどを持っていくと
食べる頃にはちょうどよく解凍されてますよ✨

【海水浴に便利な持ち物4】ミニテーブル

ミニテーブル

こんな感じのミニテーブルがあると、飲み物をうっかり倒してしまった、
食べ物をこぼしてしまったということが少ないかと思います。

このミニテーブルはすっごく便利で、海以外にも
花火大会を見に行った時や学校の運動会でお弁当を食べるときなど
色々な場面で重宝しますよ〜🤗

【海水浴に便利な持ち物5】防水カメラorスマホ用防水ケース

防水カメラ

出典:https://item.rakuten.co.jp/outletplaza/40000873810/

今は防水カメラもかなり進化していて、ハウジング(カメラを覆うケース)
がなくても、そのまま水の中に入れられるタイプもありますよね。

GoProなどに代表されるアクションカメラは、写真も動画も撮影することができ、
アウトドアやスポーツシーンなど激しい動きが伴う撮影をスムーズにできるので、
迫力あるシーンを撮影することができます。

スマホ用防水ケースでもOKですが、アクションカメラなどがあれば、
もっと簡単に撮影ができます。

完全防水なので、水中も撮影でき、こんな写真が撮れますよ😍

水中カメラ

スキー場で滑る時に持って行っても大活躍します‼

子供は何歳から海に連れて行って大丈夫か

子供は何歳から海に連れて行って大丈夫か

これは本当に人によってで、特に何歳からというのはありません。

ただ、赤ちゃんのうちは海でお父さん&お母さんがずっと抱っこをしているのが
しんどいから、お座りできるようになってからの方が良い
一緒に海に入れる1-2歳くらいからが良いと一般的には言われているようです。

0歳から海に連れて行く強者はなかなかいないと思いますが、
我が家は生後半年未満で海デビューしました😅

ちょど実家に帰っている時で、自宅から海まで車で30分、
しかも道路もビーチも空いている状況でした。

朝出発してお昼くらいには帰ってこられる距離だったので、
行けたというのはあります。
もちろん、この時に子供は海には入っていません。

海で過ごすって結構暑いし、赤ちゃんには過酷な環境、
と思われる方が多いと思いますが、実はビーチの方が風が抜けるので体感温度が低く、
海風も気持ち良いので都内の公園よりもずっと快適なこともあるんです😉

今日は都心の気温が高いから、海に行ったらもっと暑いんだろうなという日も
行ってみたら予想以上に快適でびっくり‼という経験は何度もあります🤗

で、ここで大事なこと‼

小さい子を海に連れて行くのには、

  • 快適に過ごすための道具を用意して行くこと
  • 親自らが安全に海水浴を行うための注意点を把握しておくこと

が、子連れで海を楽しむためのポイントになります☝

子連れで海水浴に行く際のまとめ

子連れで海にいく際に必要な持ち物・あると便利な道具を私の実体験に
基づき、厳選してご紹介しました。

海は自然の場所だし、暑いし、行き慣れていない方はついつい不安になって
しまいますよね….

でも普段過ごしているエアコンの効いた快適な部屋・すべてから守られた
安全な場所から飛び出して、自然いっぱいの海で子供たちを遊ばせることで、
きっと沢山の刺激をもらうことでしょう❤

海に見いく時に気をつけるポイントを抑えれば、子連れでも安心して楽しむことがでいます‼
(下記の関連記事を読んでみてください)

【必読】子連れで海水浴に行くときの注意点、経験に基づく10項目!

2019.09.15

ぜひ事前準備をして、海に出かけましょう〜😍

他にも疑問などがありましたら、お問い合わせフォームから
お気軽にご連絡ください😄

スポンサーリンク



ABOUTこの記事をかいた人

「とうちゃんはテンネンパーマ」のかあちゃんの方です。車中泊旅では万年助手席、地図のナビや飲食店・お風呂の検索&情報収集、写真撮影担当。本業は広告&Webのディレクターやってます。 Youtubeチャンネル「とうちゃんはテンネンパーマ」で子連れ車中泊旅の動画を配信しています。車中泊の便利グッズや車内DIYなどの動画もアップしています。ぜひチャンネル登録お願いします! https://www.youtube.com/user/masatoikebe